点眼薬で疲れ目対策

目の疲れがひどい時には点眼薬を使うのも良いでしょう。

薬局などには色々な種類の商品が揃っていますし、最近ではドライアイ用の点眼薬や疲れ目専用のものが増えています。

あまりにもひどい症状でない限りは一般的な点眼薬で十分効果があります。

点眼薬を選ぶ時には表示を確認して自分が求めているものにすれば良いのですが、衛生面で考えると、防腐剤が使われていないような使い捨てタイプがおすすめです。

あまりにも目が疲れている場合は眼科に行って、適切な点眼薬を出してもらうようにしましょう。

市販品は効き目が穏やかなものが多く、様々な症状に幅広く効くように色々な成分が配合されていますが、眼科で出されるものは症状に対して効果のある成分に限られていることが多いため、即効性があります。

また、点眼薬を注す時には注意をしましょう。正しく使用しないと効果が十分に得られなかったり、副作用を起こしてしまう場合もあります。

ですからまずは手をしっかりと洗って清潔な状態にしてから、下まぶたを下にひっぱり、容器が皮膚やまつげに触れないように点眼します。

点眼後には静かに瞼を閉じて、1分から5分ほどは目をつぶったままにしておきましょう。

5分も目を閉じるなんて驚きかもしれませんが、こうすると点眼薬の治療効果が高くなります。

また点眼薬そのものの取り扱いも注意しましょう。

点眼薬を使用した後に清潔にしておかないと手や結膜から細菌が移り、汚染されることで目にトラブルがおこることがあるからです。

決して他人の点眼薬を使用したり、貸したりしないようにしましょう。

疲れ目対策のマッサージ

目が疲れたと感じたら、すぐに解消するようにしましょう。

目の疲れを放っておいてしまうと、視力が低下したり、眼精疲労に陥るなど、症状が深刻化していってしまいます。

そこで、仕事や家事の合間でも簡単にできる目のマッサージを紹介します。

まずは指を使用したマッサージ方法です。目を閉じて、眉毛の下に両手の親指の腹を置きます。

そして、目の上にある骨に沿わせるように指を滑らしながら優しく押します。

次に両手の人差し指と中指を使い、目の下にある骨に指を沿わせながら優しく押します。

これは目の周りの筋肉をほぐすことで、血液の流れやリンパ液の流れを促進する効果があります。

きっと目を開けたらすっきりしていると思いますよ。

これは目の上に温めたタオルをのせて行うとさらに効果があります。

しかし、マッサージをする際に強く圧迫し過ぎてしまうのは危険でから気をつけましょう。

コンタクトレンズをつけているような場合にも注意してくださいね。

次は眼球周りを指を使わずにマッサージする方法です。

まず目を閉じて、その後大きくぱっと目を見開きます。

そして顔を動かさずに、眼球を左、右と順にゆっくり動かしましょう。

左右の動きが終わったら次は上下に動かします。このストレッチは気付いた時にこまめにやることが効果的です。

マッサージは疲れた目を癒すだけでなく、目の下にできたクマを消したり、目元をすっきりと見せる効果もあるので、ぜひ試してください。

まばたきと疲れ目の対策

目が疲れた時に、まばたきをすると疲れが緩和されます。

とりわけドライアイで目が疲れている方は、涙の量が少なくなることが原因でなるので、まばたきをして涙を増やすと良いでしょう。人間はいつも無意識のうちに頻繁にまばたきをしており、1分間に20回程度もしていると言われています。

まばたきをすると涙が出て来るので、目にうるおいが欲しい時にはもってこいなのです。

ところがパソコンなどで作業に集中しているような人ですと、画面に集中しているためにまばたきをしない状態が多くなります。

そして、涙が蒸発して目が乾き、気付くとドライアイになっているのです。

ドライアイではない場合でも、目が疲れていたらまばたきをするだけで症状が軽くなります。

涙には汚れや雑菌を防御する役割や目を保湿する役割があり、感情が高ぶった時に涙を流すことでも精神状態を穏やかにさせる役割を発揮します。

ですから、パソコン作業の時だけでなく、テレビやゲーム、読書等に夢中になっている時にまばたきを意識的にするようにしましょう。

また、まばたきが疲れ目により効果を持たせる方法があります。

まず顔全体に意識を向け、ぎゅーっと強くまばたきをする方法です。

これを5回程度繰り返すことにより、目の血行が良くなって目の疲れが和らぎます。

さらに2、3秒間目を閉じた後に、軽くまばたきを数回すると涙で目がうるおって目が楽になります。

またこれは視力の低下にも役立ちます。普段何気なくまばたきをしていますが、実は目にとても良い動きだったのですね。

眼鏡と疲れ目の対策の関係について

眼鏡をかけていて、目が疲れるのを感じる方は、眼鏡が自分の目に合っていない可能性があります。

眼鏡は近視や遠視、乱視や老眼といった調節機能の異常を矯正してくれる道具であり、自分に合った眼鏡であれば目はよっぽど酷使しないかぎりはそんなに疲れないはずです。

しかし、自分の目に眼鏡が合っていないとなると、無理をして目が焦点を合わせようとしてしまうために疲れてしまうようです。

目は常に使うところなので、眼鏡を購入する際には何度か試しにかけさせてもらい、15分~30分程度は近くのものや遠くのものを見たり、店内を歩いてみたりして具合の悪いところがないか確認しましょう。

字が迫ってくる感じを受けたり、くらくらして気持ち悪くなるようならば度数が合っていないと考えられます。

眼鏡を選ぶ時は、視力を上げることよりも、長時間目が疲れることなくかけていられるかという点が大事です。

この点を踏まえながら、納得した1本が見つかるまで、何度も試しがけをさせてもらうほうが良いでしょう。

目が悪い人は、度数が強くなり、レンズも厚くなるのですが、厚いレンズの場合はレンズの周りでゆがみが生じるために気持ち悪くなったりすることがあるようです。

そのため、あまりにも目が悪いタイプの方は、コンタクトレンズにしたほうが良いかもしれません。

また、左右で視力があまりにも違う人は、眼鏡をかけている時に疲れることがあります。

こうした場合には、目の見えにくい方の度数をあえてすこし弱めにし、左右で度数の開きが大きくならないようにすると疲れ目を和らげることができるでしょう。

いずれにしても医師や眼鏡店にしっかり相談し、自分に合った眼鏡を作りましょう。

パソコンと疲れ目

パソコンは自宅や職場で欠かせないものである反面、疲れ目の原因となっています。

しかし、何故パソコンが疲れ目の原因となるのでしょうか。

実はパソコンを使用する方は、長時間画面を見つめながら集中して作業を行うため、気付かぬ内に凝視し続け、それにより目を酷使しているのです。

目の水晶体は、近くを見る時に厚くなり、遠くを見る時には緩むようになっており、見るものにピントを合わせるという機能を持っています。

常に近いものと遠いものを交互に見ていると、健康な目を保つことができますが、パソコンを使用している時は近くのものしか見ないので、ピントが近くのものに固定された状態が続き、水晶体の周りの筋肉が緊張してしまいます。

そうすることにより、疲れ目となってしまうのです。

疲れ目になってしまった場合は、一度パソコンから離れるのが良いのですが、実際そうは言っていられません。

しかし、その代わりに、パソコンを使用する環境を変えるというのも1つの手です。

まず、パソコンの画面を下のほうにくるようにし、見下ろす体制で使用します。

そして、画面から顔を50㎝から80センチほど離し、連続して使用する時間を45分以内に留めるようにします。

どうしても長く続ける場合には、1時間ごとに15分程度の休憩を取るようにし、遠くを見たり目を閉じてみたりして目を休憩させましょう。

そして、フォントのサイズは大きめにし、窓からの光や照明がディスプレイに映らないように気を付けるとかなり改善されますのでお試しください。

カシスで疲れ目対策

カシスが疲れ目に良いと聞いたことはありますか?カシスと聞くと、カシスオレンジなどのカクテルのイメージが強いのではないでしょうか。

実はカシスは、古くから世界で薬用や食用として使われて来たベリーの一種で、欧米では民間薬に用いられてたそうです。

日本にカシスが紹介されたのは、明治時代で、今は青森県を中心に栽培されています。

カシスにはアントシアニンという色素が含まれており、これが目の疲れを改善すると言われています。

カシスに含まれている量はブルーベリーの2倍と言われているので、目に良いと言われるブルーベリー以上に効果が期待できそうですね。

また、アントシアニンには末梢の血流を促進する働きがあり、肩こりや冷え性を改善し、筋肉の緊張を和らげます。

また、疲れ目の凝りをほぐしたり、目の下のクマの解消にも効果があるとされているので嬉しいですね。

その他にも、ビタミンE、ビタミンC、マグネシウム、鉄分などを多く含み、美容や疾病の予防にも効果があります。

カシスは生でもおいしく食べられますが、独特のくせと香りがあるので、ジュースやジャム、お酒などに加工されたものを摂るのことが多いです。

ブルーベリーと同様に、カシスもサプリメントが市販されているので、ぜひ活用してみてください。

ブルーベリーで疲れ目対策

疲れ目に良いと聞くと、真っ先にブルーベリーを思い浮かべる方が多いようです。

ブルーベリーはツツジ科でビタミンBやビタミンA、鉄などの栄養素をたっぷり含んでいる多年生植物です。

昔はブルーベリーは日本人にはなじみがありませんでしたが、最近では国内でも栽培されており、目に効くということで有名です。

欧米では薬草として昔から利用されていました。

ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールの一種である色素が含まれているのですが、このアントシアニンが非常に栄養を持っており、ビタミンAと同様に、目の網膜色素の再合成を促進する役割があります。

また毛細血管を強化し、保護する働きもあり、疲れ目の回復や視力回復の手助けをしてくれるそうです。

ブルーベリーの目への効果はまだ研究の段階で、実証はされていないのが実情ですが、世界的にその効果が認識されています。ブルーベリーの効果が実証されるのはそう遠いことではないかもしれません。

ブルーベリーは生でもおいしいのですが、酸味が苦手な人のためにジャムやジュースなどの加工品として売られています。

ヨーグルトやトーストに入れて摂ることでおいしく疲れ目の対策ができるので良いですね。

また、ブルーベリーのサプリメントも手軽に摂ることができて便利なので、ぜひ試してみてください。

ドライアイの対策

目が疲れやすい方はドライアイであることが多いと言われていますが、最近ではドライアイの悩みを抱えている方は多いようです。

ドライアイは目の表面の涙の量が減り、その質が変わってしまうことで起こるトラブルです。

どんな方でも目が疲れたと感じることはあると思いますが、その疲れが長引くようでしたらドライアイかもしれません。

ドライアイの症状は、目がしょぼしょぼする、目が重い、目が乾く、目が疲れやすいというようなことから見つかることがほとんどだそうです。

自覚症状すらないという方も多いようですが、放っておくと充血や視力の低下を招いたり、時には痛みを伴う場合があるため対策したほうが良いでしょう。ドライアイが起こる原因は、薬の副作用や疾患、年齢によるものなど様々な要因がありますが、ほとんどが生活習慣によるものだと言われています。

特に現代人にかかせないパソコンはドライアイの原因になっていると指摘されているようです。

集中して画面を見ている時、無意識のうちに瞬きの回数が減っており、そのために涙が蒸発しやすくなって目が乾いてしまうのです。

そのため、パソコンを使用する際には意識的にまばたきをすることや、照明の明るさを調整すること、ディスプレイの位置を変えてみること、文字の大きさを調整することなどに配慮し、時々目のマッサージをするなどして対策しましょう。

また、ドライアイ用の目薬もありますのでぜひ使ってみてください。

さらに、エアコンや眼鏡、コンタクトレンズ、ストレスなどがドライアイにつながることもありますので、自分に合った対策を見つけて改善に努めましょう。

タオルパックで疲れ目対策

目を酷使すると、目の周囲の筋肉が硬直し、疲れ目につながってしまいます。

そのような疲れ目は、血行を良くし、筋肉をほぐしてあげることが大切です。

そこでタオルパックを行うと疲れ目の対策を効果的に行うことができます。

その方法には目を温めるやり方と冷やすやり方の2種類があります。

まず、目を温める方法は、血行を促すことで涙の分泌を促進するために、目がしょぼしょぼする人や、目が乾燥する人に効果があります。

ただし、目が充血していたり、炎症している人は目の症状を悪化させる場合があるので注意が必要です。

こちらはタオルをお湯につけてしぼるか、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて使用します。

また、目を冷やす方法は、目が充血していたり、目の周りが熱くなっている時に効果があります。

こちらは氷水にタオルをつけて絞るのもいいですし、冷蔵庫で冷やすことで何度も使えるアイマスクなども売られています。

眼精疲労には目を温めるのと冷やすのを交互に行うと効果が高いとされています。

温めることで血管を拡張させ、冷やすことで収縮させるので、血液の循環を良くし、疲労物質を取り除いてくれます。

ただタオルパックを目に当てているだけでも気持ち良いと思います。

これだけでもリラックスして目の疲れは改善されているので、毎日の疲れ目にぜひお試しください。