目の疲れを照明で軽減

目が疲れやすいという体質だと自分で感じている人も多いかと思いますが、目の疲れというのは実は、部屋の照明と深く関わっていると言われています。

そのため、もちろん目が疲れやすい体質だという方もいるかとは思いますが、照明が原因となって目が疲れやすくなっている人も多くいるのです。

照明を変えることで目が疲れにくくなるのであれば、ぜひ実践してみたいですよね。

私たちは、普段の生活に必要な光、細かい作業をするときに必要な光など、状況に応じて必要な光が変わってきます。

この必要とする光よりも強かったり、弱かったりすることで、目が疲れやすくなってしまうのです。

また、疲れるだけではなく、視力が落ちてしまったり、目を痛めてしまうおそれもあると言われているほど、照明選びは大切なのです。

基準としては、勉強などデスクワークをする際には500ルクス以上の光が必要と言われており、食事など普段の生活には300ルクス必要と言われています。

さらにとても細かい作業をする際には1000ルクス必要だと言われています。

部屋の照明を作業をするごとにかえるわけにはいかないと思うので、部屋の光は普段の生活に必要な光にしておき、細かい作業をする際にスタンドライトなどを利用して、必要な光を補ってあげるという方法がよいかと思います。

また、光があるということは必然的に影ができます。

そのため、影の位置にも気をつけてみてください。

せっかく光を当てていても手の影で遮ってしまっていては意味がなくなってしまいます。

照明によっては、チラツキが少ないものなども販売されているようなので、そういった商品を利用するのもおすすめです。