にんじんと疲れ目の対策

にんじんは、疲れ目の対策をする上でぜひ取り入れたい食べ物です。にんじんにはたくさんベータカロテンが配合されており、体内でこれが必要な時にビタミンAに変化します。

ベータカロテンは老化を進めてしまう活性酸素を除去し、細胞や血液を若い状態に保つ働きを持っています。

そしてビタミンAは目の機能を向上させる働きがあります。

そして毛様体の筋肉の弾力も回復させることができるので、疲れた目に効果的なのです。

しかしそんなビタミンAが不足してしまうと、角膜や網膜の細胞が生成されるスピードが遅れたり、角膜の透明度が下がります。

また目の表面が乾く等の目のトラブルも起こりやすくなってしまいます。

それほどビタミンAというのは、目を健康な状態に保つために欠かせないものなのです。

他にもにんじんはビタミンCや鉄分、カリウムをたくさん含んでいるので、老化予防や健康維持に非常に役立ちます。

にんじんはあらゆる料理に取り入れやすい食材ではありますが、にんじんの栄養素を効果的に取り込むためにはニンジンジュースが一番です。

ニンジンジュースはにんじんを2本とレモン1/2分の汁をミキサーに入れ、しっかり混ぜ合わせたら布巾でしっかり絞るだけで完成です。

どうしてもにんじんの味が苦手なのであれば、りんごを混ぜてあげると幾分かの見やすくなると思います。

にんじんを2本まるごと食事で摂るのはなかなか難しいですが、ジュースであれば簡単に栄養を摂ることができますよね。

そして実際ににんじんジュースを飲み続けていたら視力が回復したという驚きの報告も出ているのです。これはぜひやってみたいですよね。