昼寝と疲れ目の対策

十分な質の良い睡眠を取ることは疲れ目の解消に効果的ですが、仕事の都合でどうしても夜にしっかりと眠ることができないという人には昼寝をすることをお勧めします。

長時間運転をしていたり、パソコン作業をしていたり、またはゲームやテレビに没頭しすぎたりすると、目が酷使されていて疲れている状態になってしまいます。

そんな時には昼寝が疲れ目に効果的です。近年では学校や企業でも昼寝を推進しており、社内に昼寝スペースを設けたり、昼寝休憩を奨励しているところが増えて来ています。

実はほんの少しの間でも昼寝をすることによって脳や目がすっきりとし、思考能力や気力が高まるのです。

だらだらと眠気をこらえて勉強や仕事をするよりも、なんとなくはかどるような気がしますよね。

もしどうしても昼寝をする場所がないのであれば、椅子に座って少しの間でも目を閉じているだけでも目が休まります。

目をつむって、目の機能自体を休ませたり、目から入る情報を消すことで脳も休めることができます。

そして目の疲れもリセットできるのでストレスも解消してくれますね。

それでも昼間に眠れないという人は、目をゆっくり閉じ、脳を休ませるように疲れ目を和らげましょう。

昼寝に最適な時間はおよそ20分程度だと言われており、昼寝が長くなりすぎると目が覚めにくくなったり夜眠れなくなったりするのでアラームを利用しましょう。

さらに効果的なのは、昼寝前にコーヒーを飲んでカフェインを摂取することです。

カフェインは30分後に作用するので、丁度良い頃に目を覚ますことができますね。