点眼薬で疲れ目対策

目の疲れがひどい時には点眼薬を使うのも良いでしょう。

薬局などには色々な種類の商品が揃っていますし、最近ではドライアイ用の点眼薬や疲れ目専用のものが増えています。

あまりにもひどい症状でない限りは一般的な点眼薬で十分効果があります。

点眼薬を選ぶ時には表示を確認して自分が求めているものにすれば良いのですが、衛生面で考えると、防腐剤が使われていないような使い捨てタイプがおすすめです。

あまりにも目が疲れている場合は眼科に行って、適切な点眼薬を出してもらうようにしましょう。

市販品は効き目が穏やかなものが多く、様々な症状に幅広く効くように色々な成分が配合されていますが、眼科で出されるものは症状に対して効果のある成分に限られていることが多いため、即効性があります。

また、点眼薬を注す時には注意をしましょう。正しく使用しないと効果が十分に得られなかったり、副作用を起こしてしまう場合もあります。

ですからまずは手をしっかりと洗って清潔な状態にしてから、下まぶたを下にひっぱり、容器が皮膚やまつげに触れないように点眼します。

点眼後には静かに瞼を閉じて、1分から5分ほどは目をつぶったままにしておきましょう。

5分も目を閉じるなんて驚きかもしれませんが、こうすると点眼薬の治療効果が高くなります。

また点眼薬そのものの取り扱いも注意しましょう。

点眼薬を使用した後に清潔にしておかないと手や結膜から細菌が移り、汚染されることで目にトラブルがおこることがあるからです。

決して他人の点眼薬を使用したり、貸したりしないようにしましょう。

疲れ目対策のマッサージ

目が疲れたと感じたら、すぐに解消するようにしましょう。

目の疲れを放っておいてしまうと、視力が低下したり、眼精疲労に陥るなど、症状が深刻化していってしまいます。

そこで、仕事や家事の合間でも簡単にできる目のマッサージを紹介します。

まずは指を使用したマッサージ方法です。目を閉じて、眉毛の下に両手の親指の腹を置きます。

そして、目の上にある骨に沿わせるように指を滑らしながら優しく押します。

次に両手の人差し指と中指を使い、目の下にある骨に指を沿わせながら優しく押します。

これは目の周りの筋肉をほぐすことで、血液の流れやリンパ液の流れを促進する効果があります。

きっと目を開けたらすっきりしていると思いますよ。

これは目の上に温めたタオルをのせて行うとさらに効果があります。

しかし、マッサージをする際に強く圧迫し過ぎてしまうのは危険でから気をつけましょう。

コンタクトレンズをつけているような場合にも注意してくださいね。

次は眼球周りを指を使わずにマッサージする方法です。

まず目を閉じて、その後大きくぱっと目を見開きます。

そして顔を動かさずに、眼球を左、右と順にゆっくり動かしましょう。

左右の動きが終わったら次は上下に動かします。このストレッチは気付いた時にこまめにやることが効果的です。

マッサージは疲れた目を癒すだけでなく、目の下にできたクマを消したり、目元をすっきりと見せる効果もあるので、ぜひ試してください。