疲れ目は眼科で治療

近年仕事でパソコンを使用する機会が増え、疲れ目の症状を訴える人が増加しています。

あまりにも疲れ目の症状が深刻な場合には、思い切って眼科に行ってみると症状が楽になる場合がありますから相談してみると良いでしょう。

中には疲れ目くらいのことで眼科に行くなんておかしいのではと考える人もいるかもしれませんが、ただの疲れ目が視力低下や眼精疲労などにつながる恐れもありますし、重大な病気のサインである可能性も考えられますので早めに眼科に行くようにしましょう。

眼科では検査と問診が行われ、特に問診では疲れ目の原因を究明するために症状以外にも家庭や職場でのことや睡眠時間についても質問されますので、自分でも原因を考えておくと良いかもしれませんね。

恐らく多くの人は眼科に治療薬を求めに行くと思いますが、疲れ目はほとんどの場合、生活習慣や環境によるものであると言えますので、根本的な解決のためには原因の把握が極めて重要です。

根本から解決しないことには一度薬で症状が和らいだとしても、再び同じ症状が起こることが考えられますので良くありません。

疲れ目の症状を訴える人の多くが実際にパソコンを長時間続けて使用しないようにしたり、睡眠時間を整えることで症状を直しています。

その他にも原因がドライアイやビタミン不足、メガネの度が合っていないなど、様々な原因が考えられますので、症状に応じた治療をしてもらいましょう。

目が疲れやすくなったら老眼のはじまり?

一般的に目が疲れる言う症状は、目が痛んだり、しょぼしょぼしたり、いつもと見え方が少し違うなということだと思います。

こういった疲れ目の症状は、目を長時間使っていたり、小さなものをじっとみていたりするとでやすいと言われています。

40歳を過ぎるとこういった症状が今までより頻繁にでるという人が増えてくるそうです。

そのほとんどの方が年によって目が疲れやすくなったのだと思いがちですが、実は老眼の始まりであったりするのです。

目の見え方を調整する力というのは20代に入ることから徐々に低下し、40代になるとその力はかなり低下しているもののまだ残っている力でなんとか物を見ようと目が頑張りすぎてしまうのです。

そのため、今までよりも目が疲れやすくなり、疲れ目の症状がでるというわけなのです。

老眼とは近くの文字などが見えにくくなることで、実際にその症状は目の見え方を調整する力が徐々に衰えていくのと同時に進んでいきます。

しかし、あまり気になることはなく、40代に入り30cmから40cmの物が見えづらくなってはじめて老眼になっているということに気がつくのです。

老眼と疲れ目が深く関係しているということで、いくら疲れ目対策をしても老眼の対策をしないことには意味がないということがわかってもらえたかと思います。

まず、40代近くなり疲れ目が気になるようになったら、一度老眼を疑ってみてください。そして、老眼の症状があるようでしたら、老眼鏡の購入を考えてみてください。

老眼鏡と聞くと老けたと思い、抵抗がある人も多いかと思いますが、老眼対策をしないことには目の疲れを軽減させることができないため、一度使用してみて目の具合を確かめてみるのもいいかと思います。

子供たちの視力を守る

今のちびっこたちは、外遊びをすることが少なくなったように思います。

これは家で遊べるおもちゃなどが多くなったからです。

テレビをはじめとし、ゲーム、や携帯電話、中には小さくてもパソコンを使いこなしている子もいます。

外でぶことが少なくなったことにより、体力不足や免疫の低下などが生じていると言われていますが、これに加え、子供たちの視力が全体的に低下していると言われています。

どうしても液晶を使用しているテレビやゲームなどは目をずっと使用することもあり、目に負担がかかってしまいます。

長時間目を使用していれば、目が疲れることだってあるでしょう。

そんな生活を毎日続けていたら視力が悪くなるのも不思議ではありません。

子供の視力を守れるのは大人たちです。

テレビやゲームなど楽しい遊びを全て取り上げてしまうのも可哀想ですが、やはり時間を決めたり、使用する際に目を近づけすぎないことや使用している部屋の照明に気を配り、少しでも目の負担を和らげたり、目を休める時間を作ってあげてください。

今は視力回復のレーシックという手術などがありますが、できることならば自分の視力をずっと保っていたいですよね。

一度視力が落ち始め、そこからどんどん悪くなってしまったというケースも少なくありません。

そうならないためにもぜひ家庭での決まりを決めてあげてください。

また、もし目が悪くなってきたら早いうちにメガネを使用し始めるというのも一つの手かもしれません。

見えにくいものを無理にみようとすると余計目が疲れてしまうので、目つきに違和感を感じたら一度視力をはかってみるのもいいかと思います。

眼鏡と疲れ目の対策の関係について

眼鏡をかけていて、目が疲れるのを感じる方は、眼鏡が自分の目に合っていない可能性があります。

眼鏡は近視や遠視、乱視や老眼といった調節機能の異常を矯正してくれる道具であり、自分に合った眼鏡であれば目はよっぽど酷使しないかぎりはそんなに疲れないはずです。

しかし、自分の目に眼鏡が合っていないとなると、無理をして目が焦点を合わせようとしてしまうために疲れてしまうようです。

目は常に使うところなので、眼鏡を購入する際には何度か試しにかけさせてもらい、15分~30分程度は近くのものや遠くのものを見たり、店内を歩いてみたりして具合の悪いところがないか確認しましょう。

字が迫ってくる感じを受けたり、くらくらして気持ち悪くなるようならば度数が合っていないと考えられます。

眼鏡を選ぶ時は、視力を上げることよりも、長時間目が疲れることなくかけていられるかという点が大事です。

この点を踏まえながら、納得した1本が見つかるまで、何度も試しがけをさせてもらうほうが良いでしょう。

目が悪い人は、度数が強くなり、レンズも厚くなるのですが、厚いレンズの場合はレンズの周りでゆがみが生じるために気持ち悪くなったりすることがあるようです。

そのため、あまりにも目が悪いタイプの方は、コンタクトレンズにしたほうが良いかもしれません。

また、左右で視力があまりにも違う人は、眼鏡をかけている時に疲れることがあります。

こうした場合には、目の見えにくい方の度数をあえてすこし弱めにし、左右で度数の開きが大きくならないようにすると疲れ目を和らげることができるでしょう。

いずれにしても医師や眼鏡店にしっかり相談し、自分に合った眼鏡を作りましょう。