サプリメントで疲れ目対策

最近、目がとても疲れやすく、しっかり眠っても目の疲れが取れないという方は、もしかしたら目に栄養が足りていないのかもしれません。

そんな方は栄養を摂取することで疲れ目の対策をしてみましょう。

目に効果があるとされている栄養素は、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、アントシアニン類、コラーゲン、ルティンなどがあるとされています。

これらを毎日の食生活の中で積極的に取り入れることが理想です。特にビタミンなどは新鮮な野菜や果物から摂取すると一番効果があります。

しかし、多忙な方や好き嫌いが多い方にとっては、食事で継続的にこれらの栄養素を摂り続けるのは大変ですよね。

そういう方たちは、ぜひ食事の補助として、目に良い栄養素を配合したサプリメントを飲んで疲れ目対策をしてみてください。

目に効果のあるサプリメントはブルーベリーでできているものが圧倒的に多いようです。

ブルーベリーはアントシアニンという目の血行を高める成分を豊富に含んでいます。

このアントシアニンは様々なサプリメントに配合されており、疲れ目にはとても効果があるといわれています。

また最近ではブルーベリーの他に、ルティンやカシスのサプリメントも増えているようです。

しかし、サプリメントの中には効果の疑わしいものや粗悪品もあります。

たくさん種類があるので、どのようなサプリメントも選べば良いのかわからないひともいると思います。

そんな方は見た目が悪く、ざらざらゴツゴツした匂いの強いものを選ぶようにしましょう。

このような物には天然原料を使用したものが多いようです。

ルティンと疲れ目対策

最近、ルティンという栄養素が目に良いということで注目されています。

疲れ目は紫外線やたばこ、パソコンや電磁波など、様々なことが原因となって起こるのですが、実は加齢もその1つなのです。

活性酸素が体に溜まってしまうとどうしても目が疲れやすくなります。

そのため、活性酸素から目を保護するために、疲れ目対策として抗酸化物質を体の中に取り入れるのです。

食べ物では抗酸化作用があるものはビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、カロテンなどで、ルティンもその1つになります。

動物や植物に含まれているカロテノイドの一種であるルティンは、黄や赤の色素を構成しています。

またルティンは目の網膜、黄班部にたくさんあり、強い抗酸化作用で紫外線を吸収したり、活性酸素を減らして目を保護しています。

しかしルティンは自身で生まれることができませんし、体内で生成されないので、食べ物を摂取することで取り入れなくてはなりません。

ルティンを多く含む食べ物はほうれん草やブロッコリー芽キャベツなどの野菜です。

さらに最近ではルティン配合のサプリメントが多く売り出されています。

まだまだルティンは研究段階だと言えますが、ルティンを食事でたくさん取っている人の網膜の中には、ルティンがたくさん存在していることがわかっています。

黄班変性症と呼ばれる視力の低下や失明を引き起こす病気を患っている人はルティンの摂取が効果的だという調べもあり、疲れ目のみならず、眼病を予防するのにも効果的だと考えられます。

ですから目が疲れたと感じたらルティンを多く含む食べ物を取り入れるようにしましょう。

カシスで疲れ目対策

カシスが疲れ目に良いと聞いたことはありますか?カシスと聞くと、カシスオレンジなどのカクテルのイメージが強いのではないでしょうか。

実はカシスは、古くから世界で薬用や食用として使われて来たベリーの一種で、欧米では民間薬に用いられてたそうです。

日本にカシスが紹介されたのは、明治時代で、今は青森県を中心に栽培されています。

カシスにはアントシアニンという色素が含まれており、これが目の疲れを改善すると言われています。

カシスに含まれている量はブルーベリーの2倍と言われているので、目に良いと言われるブルーベリー以上に効果が期待できそうですね。

また、アントシアニンには末梢の血流を促進する働きがあり、肩こりや冷え性を改善し、筋肉の緊張を和らげます。

また、疲れ目の凝りをほぐしたり、目の下のクマの解消にも効果があるとされているので嬉しいですね。

その他にも、ビタミンE、ビタミンC、マグネシウム、鉄分などを多く含み、美容や疾病の予防にも効果があります。

カシスは生でもおいしく食べられますが、独特のくせと香りがあるので、ジュースやジャム、お酒などに加工されたものを摂るのことが多いです。

ブルーベリーと同様に、カシスもサプリメントが市販されているので、ぜひ活用してみてください。

ブルーベリーで疲れ目対策

疲れ目に良いと聞くと、真っ先にブルーベリーを思い浮かべる方が多いようです。

ブルーベリーはツツジ科でビタミンBやビタミンA、鉄などの栄養素をたっぷり含んでいる多年生植物です。

昔はブルーベリーは日本人にはなじみがありませんでしたが、最近では国内でも栽培されており、目に効くということで有名です。

欧米では薬草として昔から利用されていました。

ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールの一種である色素が含まれているのですが、このアントシアニンが非常に栄養を持っており、ビタミンAと同様に、目の網膜色素の再合成を促進する役割があります。

また毛細血管を強化し、保護する働きもあり、疲れ目の回復や視力回復の手助けをしてくれるそうです。

ブルーベリーの目への効果はまだ研究の段階で、実証はされていないのが実情ですが、世界的にその効果が認識されています。ブルーベリーの効果が実証されるのはそう遠いことではないかもしれません。

ブルーベリーは生でもおいしいのですが、酸味が苦手な人のためにジャムやジュースなどの加工品として売られています。

ヨーグルトやトーストに入れて摂ることでおいしく疲れ目の対策ができるので良いですね。

また、ブルーベリーのサプリメントも手軽に摂ることができて便利なので、ぜひ試してみてください。