目が疲れやすくなったら老眼のはじまり?

一般的に目が疲れる言う症状は、目が痛んだり、しょぼしょぼしたり、いつもと見え方が少し違うなということだと思います。

こういった疲れ目の症状は、目を長時間使っていたり、小さなものをじっとみていたりするとでやすいと言われています。

40歳を過ぎるとこういった症状が今までより頻繁にでるという人が増えてくるそうです。

そのほとんどの方が年によって目が疲れやすくなったのだと思いがちですが、実は老眼の始まりであったりするのです。

目の見え方を調整する力というのは20代に入ることから徐々に低下し、40代になるとその力はかなり低下しているもののまだ残っている力でなんとか物を見ようと目が頑張りすぎてしまうのです。

そのため、今までよりも目が疲れやすくなり、疲れ目の症状がでるというわけなのです。

老眼とは近くの文字などが見えにくくなることで、実際にその症状は目の見え方を調整する力が徐々に衰えていくのと同時に進んでいきます。

しかし、あまり気になることはなく、40代に入り30cmから40cmの物が見えづらくなってはじめて老眼になっているということに気がつくのです。

老眼と疲れ目が深く関係しているということで、いくら疲れ目対策をしても老眼の対策をしないことには意味がないということがわかってもらえたかと思います。

まず、40代近くなり疲れ目が気になるようになったら、一度老眼を疑ってみてください。そして、老眼の症状があるようでしたら、老眼鏡の購入を考えてみてください。

老眼鏡と聞くと老けたと思い、抵抗がある人も多いかと思いますが、老眼対策をしないことには目の疲れを軽減させることができないため、一度使用してみて目の具合を確かめてみるのもいいかと思います。