タオルパックで疲れ目対策

目を酷使すると、目の周囲の筋肉が硬直し、疲れ目につながってしまいます。

そのような疲れ目は、血行を良くし、筋肉をほぐしてあげることが大切です。

そこでタオルパックを行うと疲れ目の対策を効果的に行うことができます。

その方法には目を温めるやり方と冷やすやり方の2種類があります。

まず、目を温める方法は、血行を促すことで涙の分泌を促進するために、目がしょぼしょぼする人や、目が乾燥する人に効果があります。

ただし、目が充血していたり、炎症している人は目の症状を悪化させる場合があるので注意が必要です。

こちらはタオルをお湯につけてしぼるか、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて使用します。

また、目を冷やす方法は、目が充血していたり、目の周りが熱くなっている時に効果があります。

こちらは氷水にタオルをつけて絞るのもいいですし、冷蔵庫で冷やすことで何度も使えるアイマスクなども売られています。

眼精疲労には目を温めるのと冷やすのを交互に行うと効果が高いとされています。

温めることで血管を拡張させ、冷やすことで収縮させるので、血液の循環を良くし、疲労物質を取り除いてくれます。

ただタオルパックを目に当てているだけでも気持ち良いと思います。

これだけでもリラックスして目の疲れは改善されているので、毎日の疲れ目にぜひお試しください。