子供たちの視力を守る

今のちびっこたちは、外遊びをすることが少なくなったように思います。

これは家で遊べるおもちゃなどが多くなったからです。

テレビをはじめとし、ゲーム、や携帯電話、中には小さくてもパソコンを使いこなしている子もいます。

外でぶことが少なくなったことにより、体力不足や免疫の低下などが生じていると言われていますが、これに加え、子供たちの視力が全体的に低下していると言われています。

どうしても液晶を使用しているテレビやゲームなどは目をずっと使用することもあり、目に負担がかかってしまいます。

長時間目を使用していれば、目が疲れることだってあるでしょう。

そんな生活を毎日続けていたら視力が悪くなるのも不思議ではありません。

子供の視力を守れるのは大人たちです。

テレビやゲームなど楽しい遊びを全て取り上げてしまうのも可哀想ですが、やはり時間を決めたり、使用する際に目を近づけすぎないことや使用している部屋の照明に気を配り、少しでも目の負担を和らげたり、目を休める時間を作ってあげてください。

今は視力回復のレーシックという手術などがありますが、できることならば自分の視力をずっと保っていたいですよね。

一度視力が落ち始め、そこからどんどん悪くなってしまったというケースも少なくありません。

そうならないためにもぜひ家庭での決まりを決めてあげてください。

また、もし目が悪くなってきたら早いうちにメガネを使用し始めるというのも一つの手かもしれません。

見えにくいものを無理にみようとすると余計目が疲れてしまうので、目つきに違和感を感じたら一度視力をはかってみるのもいいかと思います。