ルティンと疲れ目対策

最近、ルティンという栄養素が目に良いということで注目されています。

疲れ目は紫外線やたばこ、パソコンや電磁波など、様々なことが原因となって起こるのですが、実は加齢もその1つなのです。

活性酸素が体に溜まってしまうとどうしても目が疲れやすくなります。

そのため、活性酸素から目を保護するために、疲れ目対策として抗酸化物質を体の中に取り入れるのです。

食べ物では抗酸化作用があるものはビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、カロテンなどで、ルティンもその1つになります。

動物や植物に含まれているカロテノイドの一種であるルティンは、黄や赤の色素を構成しています。

またルティンは目の網膜、黄班部にたくさんあり、強い抗酸化作用で紫外線を吸収したり、活性酸素を減らして目を保護しています。

しかしルティンは自身で生まれることができませんし、体内で生成されないので、食べ物を摂取することで取り入れなくてはなりません。

ルティンを多く含む食べ物はほうれん草やブロッコリー芽キャベツなどの野菜です。

さらに最近ではルティン配合のサプリメントが多く売り出されています。

まだまだルティンは研究段階だと言えますが、ルティンを食事でたくさん取っている人の網膜の中には、ルティンがたくさん存在していることがわかっています。

黄班変性症と呼ばれる視力の低下や失明を引き起こす病気を患っている人はルティンの摂取が効果的だという調べもあり、疲れ目のみならず、眼病を予防するのにも効果的だと考えられます。

ですから目が疲れたと感じたらルティンを多く含む食べ物を取り入れるようにしましょう。