疲れ目に良い食べ物

目の疲れを改善するために、食べるものに一工夫するというのも良い案です。

目に必要な栄養素としてはビタミンがありますが、疲れ目には特にビタミンB群が大切です。

ビタミンB群は炭水化物やたんぱく質がエネルギーに変わる時に、その吸収をサポートする働きを持っています。

またサバや玄米、豚肉に含まれているビタミンB1とB2は、視力の低下を防いだり、視神経の働きを高めます。

ビタミンB2はレバーや海苔、納豆に多く含まれ、網膜の役割をサポートし、視力回復や目の充血解消に働きかけます。

さらにビタミンB6には、毛様体筋と水晶体の主成分のたんぱく質を吸収するのに必要な栄養素で、鮭やサバ、牛乳や大豆に含まれています。

このように、食品から栄養素を摂るのが一番良いのですが、それが難しい場合にはサプリメントで摂取することも可能です。

また栄養ドリンクは疲れ目に非常に効果を発揮します。

そして眼科では疲れ目の状態にあった処方済のビタミンの錠剤を出してくれるところもあるようです。

目に良い食べ物としてはブルーベリーが有名ですが、人参やカシスにも実は目に良い効果があります。

その他、コラーゲンやルティンも目に必要な栄養素なので、それぞれの栄養素をできる限り毎日の食事で摂るようにこころがけましょう。

また栄養を摂るだけでなく、ゆっくりと、しっかり咀嚼して食事することで、顔の筋肉がほぐれて目にも良いストレッチ効果が与えられます。

目は食事と大きな関わりがあるので、ぜひ毎日の食べ物を見直してみましょう。