疲れ目対策のマッサージ

目が疲れたと感じたら、すぐに解消するようにしましょう。

目の疲れを放っておいてしまうと、視力が低下したり、眼精疲労に陥るなど、症状が深刻化していってしまいます。

そこで、仕事や家事の合間でも簡単にできる目のマッサージを紹介します。

まずは指を使用したマッサージ方法です。目を閉じて、眉毛の下に両手の親指の腹を置きます。

そして、目の上にある骨に沿わせるように指を滑らしながら優しく押します。

次に両手の人差し指と中指を使い、目の下にある骨に指を沿わせながら優しく押します。

これは目の周りの筋肉をほぐすことで、血液の流れやリンパ液の流れを促進する効果があります。

きっと目を開けたらすっきりしていると思いますよ。

これは目の上に温めたタオルをのせて行うとさらに効果があります。

しかし、マッサージをする際に強く圧迫し過ぎてしまうのは危険でから気をつけましょう。

コンタクトレンズをつけているような場合にも注意してくださいね。

次は眼球周りを指を使わずにマッサージする方法です。

まず目を閉じて、その後大きくぱっと目を見開きます。

そして顔を動かさずに、眼球を左、右と順にゆっくり動かしましょう。

左右の動きが終わったら次は上下に動かします。このストレッチは気付いた時にこまめにやることが効果的です。

マッサージは疲れた目を癒すだけでなく、目の下にできたクマを消したり、目元をすっきりと見せる効果もあるので、ぜひ試してください。