まばたきと疲れ目の対策

目が疲れた時に、まばたきをすると疲れが緩和されます。

とりわけドライアイで目が疲れている方は、涙の量が少なくなることが原因でなるので、まばたきをして涙を増やすと良いでしょう。人間はいつも無意識のうちに頻繁にまばたきをしており、1分間に20回程度もしていると言われています。

まばたきをすると涙が出て来るので、目にうるおいが欲しい時にはもってこいなのです。

ところがパソコンなどで作業に集中しているような人ですと、画面に集中しているためにまばたきをしない状態が多くなります。

そして、涙が蒸発して目が乾き、気付くとドライアイになっているのです。

ドライアイではない場合でも、目が疲れていたらまばたきをするだけで症状が軽くなります。

涙には汚れや雑菌を防御する役割や目を保湿する役割があり、感情が高ぶった時に涙を流すことでも精神状態を穏やかにさせる役割を発揮します。

ですから、パソコン作業の時だけでなく、テレビやゲーム、読書等に夢中になっている時にまばたきを意識的にするようにしましょう。

また、まばたきが疲れ目により効果を持たせる方法があります。

まず顔全体に意識を向け、ぎゅーっと強くまばたきをする方法です。

これを5回程度繰り返すことにより、目の血行が良くなって目の疲れが和らぎます。

さらに2、3秒間目を閉じた後に、軽くまばたきを数回すると涙で目がうるおって目が楽になります。

またこれは視力の低下にも役立ちます。普段何気なくまばたきをしていますが、実は目にとても良い動きだったのですね。