眼鏡と疲れ目の対策の関係について

眼鏡をかけていて、目が疲れるのを感じる方は、眼鏡が自分の目に合っていない可能性があります。

眼鏡は近視や遠視、乱視や老眼といった調節機能の異常を矯正してくれる道具であり、自分に合った眼鏡であれば目はよっぽど酷使しないかぎりはそんなに疲れないはずです。

しかし、自分の目に眼鏡が合っていないとなると、無理をして目が焦点を合わせようとしてしまうために疲れてしまうようです。

目は常に使うところなので、眼鏡を購入する際には何度か試しにかけさせてもらい、15分~30分程度は近くのものや遠くのものを見たり、店内を歩いてみたりして具合の悪いところがないか確認しましょう。

字が迫ってくる感じを受けたり、くらくらして気持ち悪くなるようならば度数が合っていないと考えられます。

眼鏡を選ぶ時は、視力を上げることよりも、長時間目が疲れることなくかけていられるかという点が大事です。

この点を踏まえながら、納得した1本が見つかるまで、何度も試しがけをさせてもらうほうが良いでしょう。

目が悪い人は、度数が強くなり、レンズも厚くなるのですが、厚いレンズの場合はレンズの周りでゆがみが生じるために気持ち悪くなったりすることがあるようです。

そのため、あまりにも目が悪いタイプの方は、コンタクトレンズにしたほうが良いかもしれません。

また、左右で視力があまりにも違う人は、眼鏡をかけている時に疲れることがあります。

こうした場合には、目の見えにくい方の度数をあえてすこし弱めにし、左右で度数の開きが大きくならないようにすると疲れ目を和らげることができるでしょう。

いずれにしても医師や眼鏡店にしっかり相談し、自分に合った眼鏡を作りましょう。