パソコンと疲れ目

パソコンは自宅や職場で欠かせないものである反面、疲れ目の原因となっています。

しかし、何故パソコンが疲れ目の原因となるのでしょうか。

実はパソコンを使用する方は、長時間画面を見つめながら集中して作業を行うため、気付かぬ内に凝視し続け、それにより目を酷使しているのです。

目の水晶体は、近くを見る時に厚くなり、遠くを見る時には緩むようになっており、見るものにピントを合わせるという機能を持っています。

常に近いものと遠いものを交互に見ていると、健康な目を保つことができますが、パソコンを使用している時は近くのものしか見ないので、ピントが近くのものに固定された状態が続き、水晶体の周りの筋肉が緊張してしまいます。

そうすることにより、疲れ目となってしまうのです。

疲れ目になってしまった場合は、一度パソコンから離れるのが良いのですが、実際そうは言っていられません。

しかし、その代わりに、パソコンを使用する環境を変えるというのも1つの手です。

まず、パソコンの画面を下のほうにくるようにし、見下ろす体制で使用します。

そして、画面から顔を50㎝から80センチほど離し、連続して使用する時間を45分以内に留めるようにします。

どうしても長く続ける場合には、1時間ごとに15分程度の休憩を取るようにし、遠くを見たり目を閉じてみたりして目を休憩させましょう。

そして、フォントのサイズは大きめにし、窓からの光や照明がディスプレイに映らないように気を付けるとかなり改善されますのでお試しください。