カシスで疲れ目対策

カシスが疲れ目に良いと聞いたことはありますか?カシスと聞くと、カシスオレンジなどのカクテルのイメージが強いのではないでしょうか。

実はカシスは、古くから世界で薬用や食用として使われて来たベリーの一種で、欧米では民間薬に用いられてたそうです。

日本にカシスが紹介されたのは、明治時代で、今は青森県を中心に栽培されています。

カシスにはアントシアニンという色素が含まれており、これが目の疲れを改善すると言われています。

カシスに含まれている量はブルーベリーの2倍と言われているので、目に良いと言われるブルーベリー以上に効果が期待できそうですね。

また、アントシアニンには末梢の血流を促進する働きがあり、肩こりや冷え性を改善し、筋肉の緊張を和らげます。

また、疲れ目の凝りをほぐしたり、目の下のクマの解消にも効果があるとされているので嬉しいですね。

その他にも、ビタミンE、ビタミンC、マグネシウム、鉄分などを多く含み、美容や疾病の予防にも効果があります。

カシスは生でもおいしく食べられますが、独特のくせと香りがあるので、ジュースやジャム、お酒などに加工されたものを摂るのことが多いです。

ブルーベリーと同様に、カシスもサプリメントが市販されているので、ぜひ活用してみてください。