ドライアイの対策

目が疲れやすい方はドライアイであることが多いと言われていますが、最近ではドライアイの悩みを抱えている方は多いようです。

ドライアイは目の表面の涙の量が減り、その質が変わってしまうことで起こるトラブルです。

どんな方でも目が疲れたと感じることはあると思いますが、その疲れが長引くようでしたらドライアイかもしれません。

ドライアイの症状は、目がしょぼしょぼする、目が重い、目が乾く、目が疲れやすいというようなことから見つかることがほとんどだそうです。

自覚症状すらないという方も多いようですが、放っておくと充血や視力の低下を招いたり、時には痛みを伴う場合があるため対策したほうが良いでしょう。ドライアイが起こる原因は、薬の副作用や疾患、年齢によるものなど様々な要因がありますが、ほとんどが生活習慣によるものだと言われています。

特に現代人にかかせないパソコンはドライアイの原因になっていると指摘されているようです。

集中して画面を見ている時、無意識のうちに瞬きの回数が減っており、そのために涙が蒸発しやすくなって目が乾いてしまうのです。

そのため、パソコンを使用する際には意識的にまばたきをすることや、照明の明るさを調整すること、ディスプレイの位置を変えてみること、文字の大きさを調整することなどに配慮し、時々目のマッサージをするなどして対策しましょう。

また、ドライアイ用の目薬もありますのでぜひ使ってみてください。

さらに、エアコンや眼鏡、コンタクトレンズ、ストレスなどがドライアイにつながることもありますので、自分に合った対策を見つけて改善に努めましょう。